サプライズ

まだ月の土地持ってないの?誕生日プレゼントに月の土地が欲しい

月の土地、欲しくないですか?

地球の周りをグルグル回る唯一の衛星である月

1969年にアポロ11号が月面に到着したのは有名ですが、技術が進歩したとは言え一般人の私たちは月面には行けません。

しかし、

月に行けなくても月の土地が買えるって知ってましたか?

ルナエンバシー・ジャパンという日本の会社が、アメリカにある会社の代理店をしています。

「月の土地が買えるなんてロマンがあって素敵だな」と思い紹介させて頂きました。

誕生日や記念日に「月の土地」をプレゼントされたらチョット驚きますが、ネタにはなるしインパクトもあります。

一生忘れないギフトになりそうです。

月の土地を売るって詐欺じゃないの?

月の土地って誰のもの?という疑問が湧くと思いますが、そもそも誰のものでもなかったみたいです。

当たり前と言えば当たり前かもしれません。

人が住めるワケでもありませんし、所有するという発想には普通なりませんから。

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカルナエンバシー社CEO)
同氏は「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかりました。
この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。
この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。
これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。
この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、
月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

引用:公式サイト

多くの人が思いついたのかもしれませんが、行動した人がやっぱり強いですね。

実際に購入すると権利書が送られてきます。

詐欺っぽいですが、月に行って確認できるワケでもないのでロマンだと思ってプレゼントした方がいいです。

個人的には、月を見るたびにチョット幸せな気持ちになれたらいいかなと。

月の土地は高いの?安いの?

数万円〜数十万円ぐらいするかと思ったら3,000円とか安いので余計に怪しいですが、権利書の印刷代と思えば納得できます。

ネタとしてプレゼントすると思うので3,000円ぐらいなら友達にもあげやすいですね!

フレームなどつけると8,000円ぐらいします。

結婚式の2次会の景品にする場合には飾ったりできますし、ちょと高くてもフレーム必要かもしれません。

月の土地欲しいですか?

このツイート見ると権利書が本格的でカッコイイと思いませんか?

指輪、服、時計、財布、ネックレスなど一通りプレゼントを渡すと何をあげるか迷うと思います。

そんな時は月の土地でもあげてみて下さい。

相手がいないけど・・・という人も友達と買ってもいいし自分にプレゼントしてもいいんですよ。

ロマンです。ロマン・・・。

月を見るたびにチョット幸せになりませんか?

>>月の土地公式ホームページ

最も選ばれているカタログギフトはこちら→
電子カタログを見る
最も選ばれているカタログギフトはこちら→
無料電子カタログ