コラム

【入園・入学祝い】あげる?あげない?喜ばれるものって何?【コラム】

今回は入園入学祝いに関する記事です。

入園入学の時にお祝いって渡す?それとも渡さない?

お返しって必要?

みたいな質問が多いのでPJ(PresentJapan)の考えを書いておきます。

まずは、もらう側の意見

子供を育てるのにお金はかかります。

やはり、

本音を言えば、お金ちょーだい!です。

1番喜ばれるのは「お金」に決まっています。

ツイッター見てても、お祝い貰えると助かるって書いてる人は多かったです。

『口を出さずにお金を出せる人に俺はなる!』って書き込んでる人もいましたが、そんな大人や親が理想かなと思います。

口出したくなるだろうしね、人間だもの。

子供育てるのは自己責任なので、お祝いが貰える貰えないの話は大したことではなくて、

どんな状況でも生活していく。っていう精神性こそが重要ですね。

だから、お祝いが貰えないから文句言ったりするのは話が違うってことです。

まぁ、『立ってる者は親でも使えと』いう格言あるように、貰えるならありがたくもらっておきましょう。

困った時はお互い様ですし、ない袖は振れませんから。

 

一方、お祝いを渡す立場から見たら。

関係性によるかと思いますが孫にお祝いを渡す場合

当たり前ですが、孫が成長していく様子は何物にも代えがたいものですよね。

気持ちとしてお祝いを渡したくなるものです。

お返しとか期待してないですよ。

無償の愛ですから。

もちろん、親孝行してることが前提ですし、そもそも関係が悪化してる場合は疎遠になってると思いますが・・・。

 

親戚ぐらいの付き合いの場合

仲が良い場合は直接or間接的にお祝いをすることもあるでしょう。

何かしてあげたいって思う関係性なら渡せばいいし、1度も会ったことがない場合には必要ないかもしれません。

経済的な余裕がないとお祝いを渡すのは難しいですね。

逆に言えば、ここぞとばかりにお祝いもらいに来られても嫌ですよね。

 

友達の場合

これは一番難しい。

「あげた・あげない」は子供の数や物、金額で差が出るので。

どうしても全て一緒にはいきません。

同じ幼稚園や学校、近所など会う頻度が多いので、お母さん同士が比較したりしてしまいがちです。

お互いに「お祝いの渡し合いはやめよう!」と意思表示するのも大切ですね。

 

もらう側の答えとして

地域によってもお返しは「必要」「不要」と色々な意見あるんですが、最初に書いた関係性を軸に返すか返さないか考えるのがいいですね。

お礼の気持ちが伝わるかどうかは相手次第なので、相手を見て判断するしかないのが結論です。

一方渡す側の答えとして

プレゼントやギフトの考えとして見返りを求めないと言うのが理想的な考え方なので、見返りを求めるぐらいなら渡すのやめときましょう。

少しでも何かお祝いをしてあげたい!と言う場合には、お金でも食事でも提供してあげればいいのではないでしょうか。

ランドセルとかボールペンとか電子辞書とか勝手に買わない方がいいですよ。

ブランド、機能、デザイン、色など選ぶ項目が多い物は一緒に行かないと、使われないか可能性もあります。

古い考え方の人だと決めつけてしまいがち。

これも関係性です。

好みがハッキリわからない場合はお金一択です。

 

最後に、こんな素敵なツイートを発見

家族で美味しいご飯を食べる。

これだけで十分幸せなのかもしれませんね。

「プレゼントやギフト」「お礼やお返し」はあくまで気持ちを伝える手段です。

 

最も選ばれているカタログギフトはこちら→
電子カタログを見る
最も選ばれているカタログギフトはこちら→
無料電子カタログ