2月

バレンタインデーに逆チョコでサプライズ!?モテる秘訣を伝授する。

2月14日はバレンタインデーです。

男性の方はチョコレートもらえるかなぁ?と考えているかもしれませんが、

プレゼントJAPANでは、逆チョコ(男性から女性へ渡す)を推奨しています。

なんで?と思っている、あなたにその理由を3つ紹介していきます。

この記事を読めば、必ず逆チョコをあげたくなるはずです。

いや、あげた方がいいです!

3分で謎が解けるので最後までお付き合い下さい。

①チョコは女性から男性へ渡すのが一般的

言わなくてもわかると思いますが、女性から男性に送るのが日本では一般的ですよね?

欧米などでは互いに渡すという風習があるみたいですが、日本では逆チョコってまだまだ浸透していませんよね。

なんで渡さない!?男性諸君!?

愛する奥さん、彼女、仲のいい女友達、もしくは気になるあの子に逆チョコを渡すとどうなるか。

イメージしてみましょう。

まさか、自分がチョコをもらえると思ってないので、サプライズを演出することができます。

女性は意外性に惹かれるという部分があるんです。

②自分が食べたいチョコを渡す女性が多い

自分が誰かにプレゼントする時を想像して下さい。

自分が欲しいものや気に入ってるものを相手にプレゼントする時ってありますよね?

自分が気に入っている物だから相手も気に入ってくれるだろう。

そうに違いない。

女性のチョコも同じで、

食べて美味しかったから渡す。

食べたいから渡す。

っていう気持ちが少なからずあるんですね。

だったら逆チョコを渡したら喜ばれると思いませんか?

③受け身ではなく積極的な行動が嬉しい

女性はバレンタインデーというチョコを渡す特別な日だから、勇気を出して愛の告白をしたり気持ちを伝えたりしています。

10年連れそった妻、5年付き合っている彼女だったら、勇気も何もないかもしれませんが・・・。

基本的には頑張っている人が多いわけです。

そもそも何で告白する機会まで待つか?

告白されないからです。

だったら男性から告白しちゃいましょう!ってことです。

「バレンタインデー」にチョコをもらったから「ホワイトデー」で何か返す。

そんな、習慣をただ受け身の姿勢で待ってる男がモテるって本当にそう思いますか?ってことです。

 

妻や彼女だったら「いつもありがとう」「感謝してる」でいいじゃないですか。

これこそが「自分が大事にされている」「自分を必要とされてる」と女性が感じる瞬間なんです。

何で言えないの?

恥ずかいから。

はい、気持ちはわかります。

この文を書いてる僕も普段言えませんよ。

だからバレンタインデーを利用しましょう!ってことです。

男性がチョコを渡すべき理由まとめ

 

  1. 意外性で女性のハートをつかめ。
  2. 本心はチョコ食べたいんだと気づけ。
  3. 言われる前に行動しろ。

噛み砕きましたが、こんな感じです。

これができればモテ男に1歩、いや3歩は近づいてますよ。

意外とできそうでできない。

ですので、せっかくこの記事を読んだあなたには行動して欲しい。

そうは言っても行動しない人が多いからこじらせる人が多いんだなぁ。

と、しみじみ思いますが・・・。

1割ぐらいの行動できる方からは、

何のチョコを渡せばいいの?

っていう質問が来るので紹介しときますよ。

 

絶対に外さないチョコといえば、

ゴディバ

そうみんな大好き、

高級チョコのGODIVAですね。

間違いないです。

1粒300円するんで、自分では買わないですよ。

いや買えないですよ。

だから、貰えば嬉しいし忘れない思い出になります。

毎年、ゴディバ渡してると「またか・・・」となるので注意が必要ですが。

1回くらいサプライズしてみてはいかがでしょうか?

 

せっかくなら、逆チョコ渡してどうだったかコメントもらえると嬉しいです。

あなたの想いが成就することをお祈りしています。

GODIVA公式ページはコチラ