出産祝い

【男の子、女の子共通】0歳児から1歳児におすすめのプレゼント10選【便利グッズ】

キリン編集長
キリン編集長
今回は、0歳から1歳ぐらいのお子様がいる方に渡すと喜ばれる、おすすめの「プレゼント」と「便利グッズ」を紹介します

僕自身のことを話すと男の子が2人います。

子供が産まれるまでは「お祝い」にどんな物が喜ばれるか?とか全く想像できませんでした。

友達の出産時に見当違いの物を渡してしまったこともあります。

逆に、もらって困った物もあります。(直接は言えないですが、1度も使わない物も・・・)

そこで、

せっかくお祝いやプレゼントを渡すなら、喜んでもらえる物を渡してほしい!

実際に子育てする時にコレ便利だった!と、僕が感じた商品を10個に絞って紹介します。

キリン編集長
キリン編集長
口コミを期待していたら他の記事を読んで下さい

あくまで僕の経験から選んでいます。

子供に喜んでもらうのは勿論ですが、パパママが喜んでくれるか?という視点で選んでいます。

  • 出産祝いに何が喜ばれるの?
  • 誕生日に何かあげたい。
  • 直接聞くのは抵抗がある。
  • 出産の準備を手伝いたい。
  • 子育ての便利グッズを教えて!

という方の参考になればと思います。

 

では、さっそく見て行きましょう。(順不同)

おすすめ① ふかふかベビーバス

「ふかふかベビーバス」は名前の通り、赤ちゃんのお風呂です。

浮き輪のように空気を入れてしまえば、沐浴の時間に持ってきてお湯を入れるだけです。(*沐浴=もくよく・・・赤ちゃんのお風呂)

真ん中に出っ張り部分があるので、股に挟ませればある程度固定されるので体が洗いやすいです。

赤ちゃんの時のお風呂は、片手で支えながら体を洗ったりするので、体を固定できると便利です。

メリットとデメリット

「メリット

  • 固定できて体が洗いやすい。
  • ぶつかってもデコボコしていて、ケガしない。

「デメリット

  • デコボコが逆に洗いにくく、カビる。
  • デザインがダサい 

使い終わった歯ブラシなどでカビを掃除しましょう。

丈夫なので簡単には切れたりしません。

おすすめ②ベビーバウンサー ニューヨークベビー2

「ベビーバウンサー」と言って、赤ちゃん用の小さなベッドです。

赤ちゃんが産まれたら寝かす場所を考えないといけません。

  • 布団の毛布などで窒息してしまう可能性
  • 上のお子さんに踏まれる可能性

赤ちゃんの時は自分が寝ていてすぐに対応できないので、一番怖い時間帯と言えます。

だからと言ってベビーベッドを置くスペースがない方も多いはず。

ベッドは数万円しますね。

その点、ベビーバウンサーは1万円以内で買えて、プレゼントするのにちょうど良い値段です。

*レンタルもあるのでプレゼント以外の方はこちら→ダスキンのベッドレンタル

メリットとデメリット

「メリット

  • ミルク後にゲップさせたり斜めにできる
  • ユラユラすると眠りが促進される
  • 踏んだり窒息させる危険がない

「デメリット

  • 布団より日干しが面倒
  • 上の子供が遊び出す

 

おすすめ③明治 ほほえみ らくらくキューブ

0歳から1歳用のキューブ状のミルクです。

ビンの容器に入れてお湯で溶かせば、30秒ほどで出来上がります。

外出中はもちろん家でも夜中に母乳をあげるのが大変という時にも重宝します。

男性も「らくらくキューブ」さえあれば、奥さんが外出してても大丈夫です。

メリットとデメリット

「メリット

  • 急にくるミルクタイムに対応できる
  • 夜中や外出先でも心配がなくなる

「デメリット

  • 水筒や水など準備が増える
  • 何と言っても高い

「らくらくキューブ」がプレゼントでもらえたら、子育て時にかなり助かります。

急に赤ちゃんに会うことになって、プレゼントを用意する時間がない!

という方は、手ぶらで行くのも寂しいので、ドラッグストアでミルク買っていってあげて下さい。

消耗品なのであとくされありません。

キリン編集長
キリン編集長
100%母乳の方にはNGです

おすすめ④水筒(REVOMAX 真空断熱ボトル)

ミルクを溶かすために水筒は必須です。

「REVOMAX真空断熱ボトル」は保温保冷が長く長時間のお出かけにも重宝します。

朝と夕方の2回ぐらい入れ替えれば、ずっと熱々のお湯を使えるので手間が少なくて便利です。

容量も592ml入るタイプなら、ペットボトル飲料も全て入ります。

メリットとデメリット

「メリット

  • 保温保冷が長時間(10時間以上)で便利
  • 炭酸も入れられる使い勝手の良さ

「デメリット

  • 車のホルダーに入らない場合がある
  • 水筒としては値段が高い(約6,000円)

やはり良いものは高いですが、プレゼントとして喜んでもらえると思います。

自信があるのか説明書に30年保証と書いてありました。

おすすめ⑤スタイ(よだれかけ)

6kヶ月くらいになると離乳食が始まりますが、ヨダレも出るしご飯もこぼします。

スタイがあると服が汚れなくて便利です。

今回紹介したクマさんのような可愛いスタイや名前入りの物などが人気です。

キリン編集長
キリン編集長
本当はキリンを紹介したかった・・・

minneというサイトではオリジナルスタイを購入できます。

名前を入れる時はイニシャルにするなど、少し分かりにくい方が外でも気にせず使用できます。

*渡すお子さんの名前を間違えないように注意しましょう。

メリットとデメリット

「メリット

  • 服が汚れない
  • 子供が可愛いく見える

「デメリット

  • 名前入りは神経質な方には不向き
  • センスが問われる

 

おすすめ⑥ベビージム(知育玩具)

好奇心旺盛な赤ちゃんは動いている物やカラフルな物が大好きです。(多分)

手を動かしたりして笑ったり、ジッと見ていたりしています。(これは事実)

大人だって天井ばっかり見てれば飽きると思うので、赤ちゃんも同じかと。

メリットとデメリット

「メリット

  • 赤ちゃんの好奇心を刺激してくれる
  • 0歳から2歳ぐらいまで遊べる工夫

「デメリット

  • あまり反応しない子供もいる
  • 組み立てが若干面倒な物もある

 

おすすめ⑦おさんぽくまさん(知育玩具)

色々な種類があるのですが、今回紹介した「おさんぽくまさん」はカワイイのでおすすめです。
メリットとデメリット

「メリット

  • 手を動かす練習になる
  • 集中力がつく

「デメリット

  • 子供にも好き嫌いがある

ちなみに僕の息子は気に入っていてずっと遊んでました。

ショッピングモールなどで同じような物を見かけてもずっと遊んでいたので紹介しています。

ただ、好き嫌いが分かれてしまうかもしれません。

個人的にはインテリアとして置いとくだけでもにも満足できると思います。

これぐらいシンプルな玩具じゃないと1歳ぐらいまでは遊べません。

難易度が高いオモチャをプレゼントするのはやめましょう。

おすすめ⑧音の鳴るおもちゃ(ワンワンうーたんマラカス)

音のなる玩具はミルクを用意する間に重宝します。

赤ちゃんが夜中に泣き出すとすぐに対応できません。

ですので、

音楽鳴らしている間にサッとミルクやオムツを準備すれば、赤ちゃんの鳴き声も少し落ち着きます。

手を動かせるようになると自分で握って遊び出すので、長く使えるおもちゃです。

メリットとデメリット

「メリット

  • ミルクの時間かせぎに使える
  • 歌が分かる頃まで長く遊べる

「デメリット

  • もし効果がなければツボ押しになります

 

おすすめ⑨ストロー付き水筒

先ほどはお父さんお母さんがミルクを作る時の水筒を紹介しましたが、こちらは子供用です。

ストローがついている水筒は子供が飲料を飲む時に必須です。

アンパンマンやトーマスの柄が人気です。

*ドラッグストアでもストロー付きの水筒が販売されていますがネットの方が種類が多いです。

メリットとデメリット

「メリット

  • ストローがあると便利です
  • 節約になります

「デメリット

  • たまに飲料がこぼれる欠陥品も

 

おすすめ⑩幼児絵本(もいもい)

今回は「もいもい」という東大での研究をもとに作成された絵本です。

TVなどのメディアでも紹介され爆発的に売れているみたいです。

この本に限らず小さい頃から本を読むというのは、大人になってからもの年収にも影響するぐらい大事なことです。

本屋に行って試し読みしてもいいですし、ネットで高評価の本を買ってもハズレは少ないかと思います。

赤ちゃんとの楽しい時間を作るという意味でも、素敵なプレゼントです。

メリットとデメリット

「メリット

  • 親子のコミュニケーション
  • 集中力や想像力がつく

「デメリット

  • 好みがある

以上、10個を紹介しました。

実際に使ってみて、役に立ったと思う物を厳選しました。

プレゼントや自分で購入する時の参考にして下さい。

最後に、季節が限定されるものですが、1つだけ紹介します。

おすすめプラスα 加湿器(象印)

特に冬場は加湿器は必須です。

赤ちゃんの肌は弱く、乾燥すると風邪やインフルエンザの危険もあるので、加湿器はあった方がいいです。

洗う手間がない物を選ぶのがおすすめです。

商品名を出して申し訳ないですが、

シャープのプラズマクラスターを使用していた時は、フィルター交換とか部品が多く掃除が大変でした。

今回紹介した象印の加湿器はお手入れが簡単で便利です。

メリットとデメリット

「メリット

  • 湿度を保ち風邪予防になる
  • 「のど」や「肌」の保湿になる

「デメリット

  • もちろん電気代は多少かかる

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最も選ばれているカタログギフトはこちら→
電子カタログを見る
最も選ばれているカタログギフトはこちら→
無料電子カタログ